火の国文芸

心の中は暗く虚しさを感じていた。生きる意味が解らず暗いトンネルの中にいるような感じを和弘は抱いていた。
そんな時、新聞のコラムで見た、火の国文芸と言う文芸雑誌に興味を覚えた。
文學でもやってみるか、文学をやれば何か人生の闇の中で灯火のようなものを見出すかもしれないと思った。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

https://blog.with2.net/link/?2024382

この記事へのコメント